スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北端の島に米国人が漂着、ゴムボートで海外から逃亡?


映画のような展開ですね。

現地からの報道によると、

このほどフィリピンの北端の島に、

米国人が漂着しているのが発見されたそうです。

いったい彼はどこからやって来たのでしょうか?

日曜日の午後3時30分頃、

ゴムボートに乗って意識を失いかけている64歳の米国人の男が、

バタネス州バスコの海岸に漂着しているのを、

現地の漁師に発見され病院に運ばれました。

男の脚は長時間に渡って海水に浸かっていたため、

肥大化していましたが命に別状はなかったようです。

警察が調べたところ、

所持品は衣服とラップトップPCが入ったナップザックと、

航海に使ったGPSデバイスだけでした。

男の話よると、

彼は台湾で生活していましたが、

自宅が違法薬物所持の疑いで家宅捜索され、

警察から逃亡するために台北からゴムボートに乗り、

米国大使館のあるマニラを目指したそうです。

しかし30時間に渡る航海のあと、

たどり着いたのはフィリピン北端のバタネスの島でした。

逃亡の理由について男は、

台湾の警察は信用出来ないと主張しています。

現在、入国管理局と外務省の対応を待っている状態で、

男性は現地の警察署に勾留されているそうです。

【インクワイヤラー】

寒くない季節とはいえ、

ゴムボートで海を渡るとは無謀な米国人です。

台湾の警察よりもフィリピンの警察のほうが信用出来ないと思うんですが、

なにか都合の悪い問題を抱える人は、

とりあえずフィリピンを目指すようです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。