スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルゴスで大麻を買った外国人が捕まる


このほどマカティ市警察が路上で大麻を所持していた売人と英国人男性を逮捕した。

警察によると逮捕されたのはブルゴス通り沿いのコンドミニアムに滞在する観光客の英国人男性(36)。

警官がブルゴス通りのコンドミニアム前にいた売人を逮捕したときに、

一緒にいた英国人の身体検査をしたところ大麻のティーバッグが見つかった。

英国人男性は違法薬物所持でマカティ警察本部に留置されている。

burgos.jpg

ソース

http://www.philstar.com/nation/article.aspx?publicationsubcategoryid=200&articleid=833599

一言

治安がよく見えるマカティ市でもこんな薬物が横行してるんですね。
街角に売人がいるなんてブルゴスも意外と物騒かも。
歓楽街はどこも似たようなもんか…。

関連記事

「罪の街」の汚名はマニラからマカティに

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。