スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世紀末マニラ、警官が市民の口に銃を突っ込み「撃ってほしいか?」と脅迫


まさにヒャッハー状態です。

現地からの報道によると、

このほどマニラ市で、

市民に虐待を行った警官たちが訴えられたそうです。

事件があったのはマラテ地区のレメディオス通りと、

マドレ・イグナシア通りの角にある「カウボーイグル」の前で、

木曜日の午前8時30分頃、

建物の外で制服を着用したまま酒を飲んでいた警官たちが、

通りかかった物売り男性(29)を」呼び止め、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

「お前を犯罪者にしてやる」と脅し胸を殴りました。

殴られた男性はその後、胸の痛みを感じ病院に行ったそうです。

さらに午前9時頃、

同じ場所を通りかかったバランガイ・ホールで働く男性(32)も、

同じ警官たちに絡まれた挙句、

口に拳銃の銃口を突っ込まれて、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

「お前を撃ってほしいか?」と脅迫されたそうです。

しかし男性が自分がバランガイ議長の元で働いていることを告げると、

警官は急に態度を変えて男性を解放しました。

被害者の男性はマニラ地区警察に被害を訴え、

警官たちの横暴が明らかとなりました。

問題の警官は6人で、

全員がマラテ地区の第6分署の所属だそうです。

制服を着た警官が外で酒を飲みまくり、

無実の市民に銃口を向けて虐待するという、

世紀末救世主伝説もビックリの事件です。

夜勤明けでストレスでも溜まっていたのでしょうか?

KTVのバリバリとかがある近くですね。

あの辺で警官が酒を飲んでいたら要注意です。

こんな警官ばかりじゃ、ますます観光客が減りそうです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。