スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「うるさかったダカラ…」看護師が新生児の口にセロテープ


フィリピンで炎上中の話題です。

現地からの報道によると、

このほどセブ市の病院で、

生まれたばかりの赤ん坊の口を、

セロテープで塞いだ看護師に非難が集まってるそうです。

赤ん坊の父親によると、

金曜日に妻が保育室にある生後5日の赤ん坊を確認したところ、

口にセロテープが貼り付けてあったそうです。

驚いた彼女が担当の看護師に確認したところ、

「泣き止まず、あまりにもうるさかった」と話し、

セロテープで赤ん坊の口を塞いだことを認めたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

病院の対応に不満を持った両親は、

フェイスブックに赤ん坊の写真を投稿。

写真は瞬く間に拡散して大きな話題となり、

保健省が病院に質問状を送ったほか、

人権委員会も調査に乗り出す方針を示しています。

病院側は赤ん坊が退院するときに、

支払いの割引を申し出ましたが両親に拒否されました。

両親は看護師を告訴する方針だそうです。

それにしても恐ろしいというか非常識な事件です。

鼻で呼吸できるとはいえ窒息の可能性もあり、

新生児の口にセロテープとは、

目撃した両親はさぞかし戦慄したことでしょう。

赤ちゃんが無事でよかったです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。