スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HIV感染が増加、保健省がKTVにコンドーム配布


現地からの報道によると、

このほど保健省がHIV /エイズの感染者に関する統計を発表したそうです。

それによると、

今年1月に報告されたHIV /エイズの感染者は全国で224人で、

これは昨年の同じ時期と比べ23%の増加だそうです。

マニラ首都圏で最も感染が多かったのはケソン市で、

54件のHIV感染が確認され6人がエイズを発症。

これに次いで多いのがマニラ市で、

34件のHIV感染と6件のエイズ発症となっており、

パシッグ市のHIV34件、エイズ発症4件、

マカティ市のHIV15件、

カロオカン市のHIV14件とエイズ発症1件と続いています。

感染者は17歳から68歳と広範囲ですが、

感染者の多くは25歳から29歳に集中しており、

そのほとんどは男性の同性愛者だったそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

さらに感染者が多いのが海外労働者(OFW)で28人が確認されています。

フィリピンでは2時間にひとりの割合でHIVに感染しており、

感染者の約50%がマニラ首都圏に集中しているそうです。

保健省は首都圏のケソン市を中心に、

KTVやマッサージパーラー、クラブなどで、
http://otona.blogmura.com/philippine_nightlife/

HIV予防のためにコンドームを無料配布する方針を明らかにしています。

しかしネット上では、

「大多数の感染者が同性愛者とOFWなのに、そんな場所にコンドームを配っても無意味」

という批判も出ているようです。

確かに表向きは性サービスが禁じられているKTVやクラブで、

コンドーム配布というものおかしな話ですね。

感染者のほとんど同性愛者(バクラ)ということですから、

KTVの女の子は意外と安全なのかもしれません。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。