スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2ドルの雑誌に送料125ドル?関税職員が中を調べた結果…


意外とちゃんと調べているんですね。

現地からの報道によると、

このほどマニラ国際空港で、

荷物に隠されたあるものが押収されたそうです。

関税局によると、

問題の荷物は米国のペンシルベニア州から送られたもので、

中身は雑誌だったそうです。

しかし荷物の検査歴37年の女性職員が、

荷物がおかしいことに気付きました。

たった2ドルの雑誌に送料が125ドルも掛かっており、

雑誌一冊にしては荷物が異様に重かったのです。

念のため中身を確認すると、

中身は何の変哲もない、

「ライフスタイル・マガジン」という雑誌でしたが、

ページをめくってみると、

なんと全部で1万ドルの札束が挟まっていたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

荷物の配送先は、

パサイ市のマニラ国際空港第1ターミナル近くにある、

関税局倉庫となっておりロイ・ロペスという人物が受取人だったそうです。

荷物は2月22日にフィリピンに到着していました。

発見された現金はフィリピン中央銀行の規定に違反したとして、

政府に没収される見通しのようです。

現金を発見したベテラン審査官によると、

カバンの二重底などに現金を隠すことが多いようですが、

雑誌に隠されていたのは初めて見たそうです。

わざわざリスクを犯して送った理由が知りたいですね。

郵送だとけっこう時間も掛かりますし、

緊急というわけでもなさそうです。

日本から郵便物や小包に現金を忍ばせて送って、

中身を抜かれたという話しもよく聞きます。

こうやって報道されるのはほんの一部で、

ほんどは職員の懐に入っているのかもしれませんね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。