スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


また歓楽街で外国人が被害、子供たちに囲まれ…


まさに犯罪多発地帯といった感じでしょうか。

現地からの報道によると、

このほどマニラ市にある歓楽街で、

外国人がスリ被害に遭ったようです。

マニラ地区警察のステーション5によると、

被害に遭ったのは54歳の韓国人男性で、

午前5時30分ごろ、

宿泊しているエルミタ地区のマンゴーホテルを出て、

マビニ通りを歩きマルバー通りの角に差し掛かったところ、

6人から8人の物乞いの子供たちに囲まれたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
現場はKTVなどが多い地域

いつまでもしつこく付いてくる子供たちを追い払うため、

男性は財布を出して幾らかのお金を差し出しました。

そして子供たちが去ったあと、

しばらく歩いてふと気付くと、

ズボンの後ろのポケットに入れていた財布が、

すでに消えていたそうです。

財布には1万ペソの現金のほか、

クレジットカードやID,重要な書類などが入っていたそうです。

こういった路上で悪さする子供たちは、

一般的に「batang hamog」と呼ばれています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

いわゆるストリートチルドレンの総称です。

batang hamogの意味は「children of the dew(滴の子供たち)」というらしいですが、

雨が降ると濡れっぱなしになるからでしょうか?

確かに雨の中、びしょ濡れになりながら、

信号で止まっている車に物乞いする子供たちをよく見かけます。

こういった子供たちの中には、

空腹や精神的な苦痛を和らげるため、

ラグビーと飛ばれるシンナーのような、

溶剤を吸っている連中もいるので注意が必要です。

少し大きい子供になると徒党を組んで、

渋滞に嵌っているタクシーのドアを強引に開け、

乗客のバッグなどを奪うような凶暴な連中もいるので、

常にドアはロックしておくようにしましょう。

ちなみにエルミタの路上では、

ついこの前も米国人が強盗に遭って殺害されたばかりです。

歓楽街で外国人が殺害される、強盗撃退試み…

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ラグビーを吸う路上生活の少年たち
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。