スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スイスを震撼させた悪魔の比人看護婦、遺体と一緒に記念写真


海外でフィリピン出身の「悪魔の看護婦」が話題になっているようです。

現地からの報道によると、

このほどスイスでフェイスブック上に、

不適切な写真を投稿した老人ホームの従業員が、

裁判所によって罰金を課せられたそうです。

問題の写真を掲載したのは、

スイスの老人ホームで働くフィリピン出身の37歳の女で、

死亡してベッドに横たわる患者と一緒に写真を撮影し、

「彼女が寝てるか死んでるか当ててみて」

「ヒントをあげるわ。私は魂泥棒…」などという文書を添え、

フェイスブックにその写真を投稿したそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

これを見た読者から批判が集まり、

スイスのメディアも彼女のことを「悪魔の看護婦」として取り上げました。

女は老人ホームでパートタイムとして働く一方、

「快楽の女王」と名乗り風俗関係の職場でも働いていたようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

この写真への批判に対し女は、

「私のフェイスブックで何しようが私の自由」などと反論し、

まったく反省の色を見せず、

ついに裁判所に1300ドルの罰金を課せられる結果となりました。

海外で働くフィリピン人は多いですが、

看護師やケアギバーも人気の職種です。

明るい性格と老人を敬う国民性もあり、

評判もなかなかのようですが、

中にはこういう変わった価値観を持つ人もいるようです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。