スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生活のためセ〇クスワーカーになる避難者が続出


現地からの報道によると、

イスラム勢力と国軍の戦闘から避難した人々が生活する避難所で、

生活の糧を得るため、

セ〇クスワーカーになる人々が相次いでいるそうです。

フィリピン南部のサンボンガ市で、

イスラム武装組織のMNLFが、

市民を人質にとって街を占拠した事件で、

数週間に渡って国軍と激しい戦闘が繰り広げられ、

多くの市民が家を失い、

多くの人々が避難所での生活を強いられていますが、

そこでフリーのセ〇クスワーカーになる人々が増えているそうです。

市の保健当局によると、

セックスワーカーたちは生活の糧を得るために、

避難所となっている体育館の観覧席や簡易トイレ、

そしてテントの中などで行為を提供しており、
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_out.html

性病の拡散も懸念されています。

保健当局はエイズ・デスクと協力して、

セ〇クスワーカーと関係を持った避難者に、

カウンセリングを提供する方針だそうです。

サンボアンガ市の戦闘は、

国軍の掃討作戦により終結しましたが、

多くの家屋が戦闘で焼かれ、

帰る場所を失った市民がまだ多くいるようです。

生活のためとはいえ、

避難所で病気が蔓延するのは食い止めないとマズイですね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。