スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SMモールなどの映画館で爆発が相次ぐ、5人負傷


なんかきな臭くなってきました。

現地からの報道によると、

このほどミンダナオ島にある商業施設で、

爆弾が相次いで爆発し負傷者が出たようです。

警察の調べによると、

爆発があったのはダバオ市にある、

SMシティダバオとガイザノモールで、

月曜の夜9時5分ごろにSMシティダバオ内の映画館で爆発があり、

その後約20分後にガイザノモール内の映画館でも爆発がありました。

爆弾は携帯電話によって起爆されたとみられており、

いずれの映画館でも座席付近に置かれてしたようです。

ガイザノモールで爆発当時に映画を鑑賞していた観客5人が、

爆発で耳の痛みを訴え病院に運ばれたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
爆発があった映画館

現在、ミンダナオ島のザンボアンガ市では、

イスラム勢力MILFと政府の和平交渉に反対する、

MNLFの一部の過激派部隊が市民を人質に街を占領し、

国軍と1週間以上に渡って戦闘を繰り返しおり、

今回の爆発事件がMNLFによる陽動作戦との見方も出ています。

ザンボアンガ市での戦闘の激化を受けアメリカやオーストラリア政府は、

ミンダナオのショッピングモールなどでテロの可能性があるとして、

渡航を自粛するよう警告を発していました。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_out.html

ちなみに日本大使館も同様の警告を発しています。

[在フィリピン大使館]注意喚起:比治安部隊とMNLFとの衝突(その2)

 9日,フィリピン南部ミンダナオ島サンボアンガ地域において,フィリピン治安部隊とモロ民族解放戦線(MNLF)が衝突し,民間人が多数人質となる等の事件が発生したことから,9日に外務省スポット情報を発出しましたが,戦闘がバシラン州に拡大する他,12日,在フィリピン米国大使館は,ミンダナオにあるショッピングモール等を過激派と関係する者が偵察をしており,南部ミンダナオで外国人に対する明確な脅威がある等の緊急メッセージを発出しました。

 以上の情報等を踏まえ,以下のアドレスに外務省スポット情報を再度発出しましたので,ご覧いただくようお願いします。

なお,併せて9月9日の注意喚起,外国人誘拐の脅威に関する注意喚起及びフィリピンの渡航情報等を改めてご確認していただくようお願いするとともに,特にミンダナオに在住・滞在されている場合には,メディア等からの最新の情報収集に努めてください。



フィリピン:ミンダナオ島における誘拐及びフィリピン政府治安部隊とモロ民族解放戦線の衝突に伴う注意喚起 (その2)

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2013C379

以上


今のところマニラ首都圏での脅威は警告されていませんが、

しばらく注意したほうがいいかもしれませんね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
事件があったフィリピン南部のダバオ市
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。