スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蔓延する在宅サイバーセ〇クス、摘発も難航


サイバーセ〇クスの蔓延が止まらないようです。

現地からの報道によると、

このほどラプラプ市で、

またサイバーセ〇クスの摘発があったようです。

摘発があったのは同市のバランガイ・バサクで、

先週に10歳の少女を使って、

サイバーセ〇クス業を営んでいた女性2人が逮捕されました。

バランガイキャプテンによると、

昨年にサイバーセ〇クス業を営んだとして、

警告を受けた家は60にも達しており、

今回の摘発は氷山の一角とみられています。

仮に警告して営業を止めさせても、

すぐに再開してしまう人々が後を絶たないそうです。

ある少女は叔母に摘発のあった家に連れて行かれ、

カメラの前で裸になり要求されたポーズをとらされと証言しています。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_pv.html

少女が家に帰ったあと祖母に相談して事件が発覚し、

バランガイホールに通報したそうです。

やはり簡単に大きな金額が稼げるので、

なかなか撲滅できないようですね。

顧客のほとんどは海外の外国人で、

ウェスタンユニオンなどの送金サービスを使って料金を受け取るようです。

実際に性的な接触はないので、

大きな問題はないと考える両親も中にはいるようですが、

利用された子供に与える心理的な悪影響は計り知れないとの見方もあります。

パソコンとインターネットがあればどこでも行えますから、

摘発といってもなかなか難しいでしょうね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
児童ポ〇ノに関するニュースを報じる現地の新聞
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。