スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


直腸に大量の麻薬を隠し持った外国人を逮捕


プロの運び屋でしょうか?

現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏のニノイアキノ国際空港で、

体内に隠し持ったカプセル状の違法薬物を、

フィリピン国内に密輸しようとした外国人が逮捕されました。

逮捕されたのは西アフリカのベナン共和国国籍の男(30)で、

入国審査で宿泊先ことなどの質問にうまく答えられず、

目的が不審と判断され拘束されたそうです。

その後、男が腹痛を訴えたため病院に運ばれエックス線検査を受けたところ、

体内に違法薬物が入ったカプセル60個を発見。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

男はNBIの調べに対し4000ドルで、

運び屋を引き受けたことを白状したそうです。

調べによると20個のカプセルを口から飲み込み、

残りは肛門から体内に取り込んだとのこと。

カプセルの約半分は依然として男の体内に残っており、

すべてが排出されのにまだしばらくかかるとみられています。

NBIは男が密輸しようとした薬物が200万ペソ相当に達するとみており、

フィリピン国内の届け先がどこなのかを調べているそうです。

こういった密輸方法は、

体内でカプセルが破裂して中毒症状を起こし死亡するケースもあって命懸けのようです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
現地ニュースの映像から。腹痛でのた打ち回る容疑者と体内から回収された薬物
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。