スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


児童ポルノ所持で指名手配の米国人を逮捕


やはりフィリピンは犯罪者の逃亡先というイメージが拭えないですね。

このほど米国で指名手配されていた男性が、

パンガシナンで逮捕されたそうです。

現地からの報道を要約すると、

このほど米国で児童ポルノの所持で指名手配されてい46歳のた米国人男性が、

ダグパンのアパートでフィリピン警察とFBIによって逮捕されました。

男性は2008年に、

米国ノースカロライナ州の自宅にあったコンピュータ内に、

大量の児童ポルノ画像を所持していたのをFBIによって発見され、

http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_random.html

2012年に起訴されていました。

男性は2010年にフィリピンに渡っていましたが、

起訴されたことに関しては知らなかったようです。

一緒に暮らしていたフィリピンの妻も、

指名手配されているとは知らなかったと話しています。

逮捕のきっかけですが、

男性がウェブサイトでピットブルの販売を行っているのを当局が発見し所在を突き止めたようです。

男性はマニラ首都圏ビクタンにある入国管理局の拘置所に移送され、

そのあと米国に強制送還される見通しだそうです。

なにも知らずに一緒に暮らしていた奥さんが少し気の毒ですね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
自宅で逮捕された米国人男性と、動揺するフィリピン人妻。地味な奥さんです
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。