スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンヘレスのクラブを摘発、未成年を雇用した疑い


どうも最近、この手の摘発が活発化しているようですね。

これからフィリピンを目指す方はご注意を…。

アジア有数の歓楽街があるパンパンガ州アンヘレスで、

大掛かりな摘発が実施された模様です。

現地からの報道によると、

聖週間が本番を迎える前夜の3月23日夜に、

警察や米国を拠点とするNGO団体インターナショナル・ジャスティス・ミッションなどが合同で、

フィールズアベニューにあるクラブ・キャメロットで摘発を行い、

経営者のドイツ国籍の男性と、

6人のフィリピン人従業員を逮捕したそうです。

警察によると摘発の理由は、

未成年者をエンターテイナーとして働かせていたということのようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

バランガイ関係者は、

18歳以下の未成年の雇用は禁止されているが、

一部のバーの経営者はこれを聞き入れなかったと指摘しています。

今回の摘発で救出された女性は90人に達し、

「ママサン」と呼ばれるポジションの従業員が売春を管理していたとされています。

一方、まにら新聞でも店名は出ていませんが、

同じとみられる摘発を報じています。

それによると摘発の理由は、

クラブで働く女性に売春を強要していたことだそうで、

摘発で女性93人が保護され、

そのうち未成年は14人だったそうです。

アンヘレス関連の掲示板の情報によると、

摘発に居合わせた客が拘束されることはなかったようですが、

こういった話を聞くと、

ちょっと遊びに行くのが怖くなりますね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
摘発があったクラブと店内で行われていたショーの様子
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。