スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


23歳の女性マッサージ師、外国人にヌードダンスを要求され暴行も


ホテルに呼ばれた女性マッサージ師がセクハラ被害です。

カマティ市内にある5つ星ホテルで、

サウジアラビア人の宿泊客に呼ばれた女性マッサージ師がヌードダンスを要求され、

これを拒否すると脅迫と暴行を受け警察に被害届を出したそうです。

被害者はマカティ市内の出張マッサージ店に所属する23歳の女性で、

これまで加害者のサウジアラビア人男性に呼ばれ2回ほどホテルの部屋でマッサージを施しました。

男性は2回目に3000ペソのチップを弾むなど、

それまでの行動に問題はなくマッサージにも満足していた様子です。

ところが3回目に呼ばれたときに男性はひどく酔っ払っており、

マッサージの途中で強く飲酒を勧めるため彼女は仕方なく2杯ほど飲んだそうです。

そして彼の行動はさらにエスカレートし、今度は彼女に服を脱いでダンスするよう要求。

彼女は機転を利かし酒で嘔吐を催したフリをしてトイレに駆け込み、

別の部屋でマッサージをしていた同僚に携帯で助けを求めした。

しかしトイレから出ると男性はさらに攻撃的になっており、

要求を断ると彼女に殴りかかりキッチンナイフを持って脅したそうです。

彼女の悲鳴を聞きつけたホテルスタッフが部屋に駆けつけると男性はようやく暴行を止めました。

男性は女性が部屋を去る際に6000ペソを渡してきたそうですが彼女は受け取りを拒否。

彼女に同行したホテルスタッフには1000ペソのチップを渡したそうです。

口封じでしょうか?

その後、彼女は警察に被害を届けるため病院に行き、

暴行による負傷の診断書を作成しマカティ警察に向かいました。

しかしその後、加害者の男性が彼女に謝罪したうえで慰謝料を支払い示談となったそうです。

酒で羽目をは外しすぎたサウジアラビア人男性が、

その代償としていったいいくらの示談金を払ったのかが気になりますね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。