スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マカティの住宅街でバランガイ監視員が強盗に射殺される


バランガイの監視員も命がけのようです。

マニラ首都圏マカティ市のバランガイ監視員が、

強盗とみられる男に銃で撃たれて死亡する事件がありました。

事件があったのは同市内バランガイ・ポブラシオンで夜中の2時40分ごろ、

市民から怪しい男たちが住宅街に侵入したとの通報を受けた監視員が現場に駆けつけたところ、

男たちと取っ組み合いになり47歳のバランガイ警備員が銃で撃たれて病院に運ばれましたが死亡。

ほかの2人のバランガイ監視員も腹などに銃弾を受けて負傷しました。

この事件を受けマカティ市のビナイ市長は、

死傷したバランガイ監視員の勇敢さを称え表彰するとともに、

死亡した監視員の家族に経済的な援助を行う方針を明らかにしました。

barangay tanodと呼ばれる監視員は、

モールなどの警備員と違い自治体のボランティアで組織されているそうで

基本的に銃は所持していないようです。

丸腰で強盗に対応とはまさに命がけ仕事ですね。

ソース

philstarなど

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。