スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マニラ首都圏にテロの脅威、米国など4ヶ国が注意喚起


マニラ首都圏がちょと物騒になことになっているようです。

例の反イスラム映画に対する抗議をめぐって警戒が強まっています。

在比米国大使館が28日にマニラ首都圏、特に大使館があるパサイ市で米国人に対する脅威が高まっているとして、

自国民に注意して行動するよう警戒を呼びかけました。

具体的にはアメリカ人が集まるようなイベントはやらいようにとか、

日常における通勤などの行動パターンに変化をもたせるなど、

要するにテロや犯罪に巻き込まれにくくするといったのもです。

フィリピンの現地情報は→フィリピン情報ランキング

この米国に警告にイギリス、オーストラリア、カナダも追従して自国民にフィリピンでの警戒を呼びかけています。

日本大使館は30日の段階ではなんの注意喚起も出していないようですが、

やはり日本人も少し注意して行動したほうがいいかもしれませんね。

イギリスは「攻撃は無差別である可能性があり外国人が集まる場所では特に注意するように」とアドバイスしています。

大使館や政府の施設だけでなく、

米国人がよく集まるようなバーや歓楽街も危ないかもしれないですね。

特にパサイ市の米国大使館の周辺はイスラム団体によるデモもあるようなので避けたほうがいいかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑それでも俺はフィリピンに行く!という方はクリックお願いします
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。