スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女教師を逮捕、学費に困った女学生を外国人に斡旋


セブ島で教え子を外国人に斡旋し、

ホテルで性行為を行わせた疑いで、

女教師が逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


金曜日にマンダウエ市で逮捕されたのは、

コンポステラ町の公立学校で教師を務める35歳の女で、

ショッピングモール近くいたところを、

人身売買容疑で逮捕されました。

容疑者の女教師は、

3人の女子高生から人身売買容疑で告訴されており、

マンダウエ市裁判所から逮捕状が出ていました。

被害者の弁護士によると、

3人の女子高生は14歳から16歳で、
http://internet.blogmura.com/facebook/

女教師によってセブ市にあるホテルに連れて行かれ、

お金と引き換えに外国人と性行為を行いました。

しかし2人の子供を持つ女教師は、

容疑を否定しています。

現地メディアに対して女教師は、

政治的な動機によるでっち上げだと説明し、

女子生徒を斡旋したことはないと主張。

政治的な動機に関しては、

過去にバランガイ議長に、

選挙での票買いに関する発言をめぐり、

「仕事失う」と脅迫されたほか、

バランガイ議長に近い人物から、

名誉毀損で訴えられた過去があると述べています。

被害者の弁護士は、

3人の女子高生のほかにも、

多くの被害者がいる可能性を指摘し、

学校に協力を求めています。

女教師は教え子をセブ市のホテルに連れて行き、

外国人が未成年者を虐待する様子を、

部屋で見ていたこともあったそうです。

斡旋のターゲットとなった未成年者は、

経済的な問題を抱えている生徒たちでした。

被害者たちは現在も学校に通っており、

家族と一緒に暮らしています。

被害者は弁護士が家庭訪問しているほか、

性的虐待に関する精神療法のセッションを受けています。

一方、女教師は女子生徒たちの訴えは、

作り話だと主張しています。

その根拠として女子生徒が、

外国人にバ○ジンを奪われたと証言しているに関わらず、

医療証明書が無いことを指摘しています。

女教師は14歳と10歳の子供がいるほか、

刑務所に服役中の兄弟の子供たちを面倒見るなど、

2つの家庭の稼ぎ頭で、

学校では音楽や芸術、体育などを11年間に渡って教えていました。

Teacher ‘sold girls for sex’



【サンスター、gmanetwork】

微妙な事件ですね。

未成年者に限らず女性を斡旋することは違法ですが、

もし騙されてホテルに連れて行かれたのであれば、

すぐに事件が発覚して、

客の外国人も女教師も逮捕されるはずです。

女子生徒もある程度納得して、

お金のためにやっていたのではないでしょうか。

女教師がどのようにして、

外国人の顧客と接触を持ったのかも、

興味があるところです。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。