スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


外国人が窃盗被害、小銭ばら撒き注意引く手口


マニラ市で外国人の学生が、

ジプニー内で現金などを盗まれる事件がありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


被害者は留学中の25歳のナイジェリア人男性で、

デビソリア行きのジプニーに乗っていたところ、

ロウトンで2人の男が乗り込んできたそうです。

このとき男性は男たちが、

自分のバッグに注意を向けていることに気付きました。

そして男のひとりが、

運転席の近くに座っている男性に、

運賃を運転手に渡すように求めました。

運賃を手渡すときに、

男が小銭を落としてしまったところから、

男性はそれを拾うの手伝いました。

その後、2人組の男がジョーンズ橋でジープ降りたあと、

男性はバッグの中に入れていた現金5千ペソと、

クレジットカード、外国人登録証などが盗まれているのに気付き、

警察に被害を届け出ました。

男性によると2人の容疑者は30歳から40歳くらいで、

人相を覚えていると話しています。

【ジャーナル】

こういった手口は「Laglag-Barya Gang」と呼ばれています。

Laglag=落とす、barya=小銭という意味らしいです。

ジープに限らずエスカレーターやレストランなど、

かなり応用が利く手口なので、

近くで不自然に小銭を落とされたら持ち物に要注意です。

無視して立ち去りましょう。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。