スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


またアンヘレスで美人局、警官が米国人を恐喝


パンパンガ州の歓楽街で、

女性を利用し外国人を恐喝した警官が逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


事件があったのはアンヘレス市で、

警察当局のおとり捜査により、

ステーション4に所属する25歳と34歳の警官が、

米国人男性を恐喝して、

11万5千ペソを支払わせた疑いで逮捕されました。

警察の調べによると被害者は、

マラバニアス在住の73歳の米国人男性で、

http://internet.blogmura.com/facebook/

2月20日にフィールズアベニューで少女と出会い、

携帯電話の番号を交換しました。

翌日に少女から連絡があり、

男性は彼女をディナーに誘いました。

そしてステーション4近くのファーストフード店で食事した2人は、

男性のアパートに行きましたが、

少女が生理だったため、

その夜はなにもありませんでした。

そして2人が歓楽街に行くために、

路上を歩いていたところ2人の警官が現れ、

米国人を車に引きずり込み、

警察署で少女の母親に会うことを要求。

警官たちは母親が少女が未成年であることを証明する、

出生証明書などを所持していると主張し、

男性が告訴されると脅しました。

そして警官は告訴を取り下げる代わりに、

25万ペソの支払いを要求。

男性は所持していた2万5千ぺソを渡し、

その日は解放されました。

そして2月26日に再び5万ペソを要求され、

さらに3月3日には4万ペソの要求がありました。

度重なる恐喝に疲れ果てた男性は、

退役した元市警察本部長を知っている友人に相談。

自治体や警察の協力を得て、

おとり捜査が行われ、

6万ペソを受け取るために、

男性に会いきた警官2人を逮捕しました。

【ジャーナル】

少女とはバーで出会ったのか、

それとも別の場所で個人的に出会ったのか分かりませんが、

デートする前に相手の年齢は確認するべきですね。

とはいえ偽の身分証が横行するこの国では、

あまり当てになりませんが…。

関連記事

アンヘレスで美人局、警官が外国人男性に100万ペソ要求

アンヘレス警官6人を解任、教師を恐喝し2万ペソ要求

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。