スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マニラの道路では死の覚悟が必要だ…


マニラ首都圏で衝撃的な交通事故が相次いでいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


木曜日の朝にケソン市のエドサ通りで、

バス2台に挟まれた乗用車が、

大破する事故がありました。

44歳の男性が運転する乗用車(トヨタ・ビオス)の後部に、

デラロサ・トランジットのバスが突っ込み、

乗用車は前方のバスとの間に挟まれました。

この衝突で乗用車の上にバスが乗り上げ、

車体は押し潰されるかたちで激しく大破。

しかし乗用車の運転手は奇跡的に軽い負傷で済み、

駆け付けたレスキュー隊員が、

開かなくなったドアをこじ開けて救出しました。

事故を起こしたバスの運転手は、

ブレーキが壊れたと話し、

時速50キロで走っていたと証言していますが、

事故の状況から警察は、

もっとスピードが出ていたと見ています。

acc1

acc2.jpg

acci3.jpg

一方、カロオカン市内でも、

コントロールを失ったジプニーが歩道にに突っ込み、

歩行者が死傷する事故が起きました。

付近の監視カメラの映像には、

歩行者の男性が後ろから突っ込んできた、

ジプニーの下敷きになる瞬間や、

母親と一緒の少女が、

危機一髪で助かる様子が捉えられていました。



【abs-cbn、トップギア】

後部座席に誰か乗っていたら完全にアウトでしたね。

ダッシュボードの辺りまでバスが乗り上げてますので、

運転手が助かったのはまさに奇跡ですね。

完全に廃車ですが、

ナンバープレートが新しいタイプなので、

新車で買ったばかりの車だと思います。

ジプニー事故ですが、

日本では絶対に車検に通らないような車が、

公共の交通機関として運行されているのが現実です。

乗るのも危険ですが、

周囲に危険を及ぼすことも多いので注意が必要です。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。