スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マニラ空港の違法タクシーの実態…無免許、警備員に賄賂


年末年始のホリデーシーズンを迎え、

帰省や旅行などで利用者が増えるマニラ国際空港で、

警察当局は強盗を働くタクシー運転手の取締りを強化している。

空港警察は大晦日の午後12時ごろ、

ターミナル4の出口付近で、

客待ちをしていたタクシー運転手を逮捕しました。

逮捕された運転手は、

空港の警備員に50ペソの賄賂を渡し、

乗客を拾うことを容認されていました。

警察は警備員に事情を聞く一方で、

運転手に免許証を求めましたが、

提示することができませんでした。

警察は運転手に交通違反のチケットを発行し、

強盗などの事件に関与していないか調べています。

警察当局者はタクシーの乗客を狙った強盗事件の多くは、

違法タクシーの運転手によって行われていると指摘。

最近ではターミナル3からタクシーに乗ったオランダ人が、

マカティ市内で運転手に金品を奪われる事件がありました。

空港警察は週末の帰省ラッシュに備え、

違法タクシーへの取締りを強化し、

300人から500人の警官を配備する方針です。

【インクワイヤラー】

違法タクシーと警察のイタチゴッコはまだまだ続きそうですね。

陸運統制委員会(LTFRB)がタクシー会社に、

運転手のリストを提出させ、

問題のある運転手の割り出しを行う方針のようですが、

根本的な解決にはならないような気がします。

↓情報が参考になりましたら応援クリックお願いします
<a href=
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。