スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トンネル掘って銀行に侵入、現金を根こそぎ奪う「シロアリギャング」


首都圏近郊のカビテ州にある銀行が、

「シロアリギャング」と呼ばれる窃盗団の最新の被害者となりました。

月曜日の朝8時ごろに、

バコールにあるRCBC銀行で、

金庫とATMに保管されていた少なくとも150万ペソの現金が、

持ち去られているのが発見されました。

窃盗団は銀行の地下にトンネルを掘り、

床に穴を開けて銀行内に侵入。

店内にある防犯システムを破壊したうえで、

金庫やATMから現金を根こそぎ奪って逃走しました。

店内には犯行に使用された油圧ジャッキや、

溶接機材などが置き去られていました。

警察の調べによると、

侵入に使ったトンネルは約百メートルの長さで、

銀行近くの空き地から掘り進められており、

非常に計画的な犯行と見られています。

バコール警察は数カ月前から銀行強盗の可能性があると警告し、

特に夜間に警備員が不在となる銀行に、

警備を強化するよう要請していました。

‘Termite gang’ robs more than P1.5M from Bacoor bank

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【gmanetwork】

モグラではなくシロアリなのがフィリピンらしいですね。

フィリピンにはモグラはいないのでしょうか?

今頃、窃盗団は今年最後の大仕事を終えて祝宴中でしょうね。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。