スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マッドマックス状態、警官が暴走族の少年に発砲、首に当って重体


マニラ市で10代の少年が警官に撃たれて、

重体となる事件がありました。

金曜日の午前2時ごろ、

リサール公園にあるキリノグランドスタンドで、

バイクで違法のドラッグレースをしていた17歳の少年が、

警官に首を撃たれて病院に運ばれました。

一緒に居た少年の兄によると、

警官がレースを解散するように命じましたが、

少年はそれを無視したたため、

警官が蹴りを入れたそうです。

さらに少年は警官の制止を聞かず、

バイクで走り去ろうとしたところ警官が発砲し、

銃弾が少年の首に当たりバイクから落ちました。

警官は止まらなければ撃つと警告していたそうです。

負傷した少年の兄が警官に助けを求めると、

警官は少年を病院に運びましたが、

病院にスタッフに何も伝えずにそのまま姿を消しました。

警察によると当時、エルミタ警察署とツーリストポリスによる、

オペレーションが行われており、

発砲した警官の割り出しを行っています。

少年の兄によると警官は、

制服の上にジャケットを着ており、

名札などは確認できなかったそうです。

当時、現場には約100台のバイクが集結し、

5千ペソから1万5千ペソの賞金を競うレースが行われていました。

【フィルスター、テンポ、インクワイヤラー】

丸腰の相手を銃で撃つ必要はないと思いますが、

フィリピンで警官を無視したり侮辱すると、

どうなるかがよく分かる事件です。

強盗にしろ警官にしろ銃を持った相手には、

とにかく逆らわないようにするのが、

この国で無駄死しないための掟です。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。