スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プリペイドSIMの登録法案を検討、購入に身分証明書を提示


下院議会の情報通信技術委員会は、

携帯電話のプリペイドSIMカードの登録法案について、

本会議で話し合うことを承認した。

この法案はSIMカードの購入者に、

写真付きの身分証明書(ID)の提示を求めるもので、

販売業者にSIMカードを誰に売ったのかを記録する義務が生じる。

身分証明書が提示できない人物には、

SIMカードの販売は許可されない。

購入者には登録フォームへの署名が求められる。

この法案に違反した業者は、

5千ペソから5万ペソの罰金と業務停止措置が取られる見通し。

これは誘拐事件などで、

プリペイドSIMが悪用されるのを防止する目的がある。

House panel OKs SIM card registration bill

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【abs-cbn】

フィリピンでは各通業者のプリペイドSIMが、

とても簡単に購入できる状況にあります。

近所のサリサリ(雑貨屋)でも購入することができ、

まさに使い捨ていといった感じで、

簡単に電話番号を変えることができます。

何かの都合で電話番号を変えたくなっときとても便利です。

デュアルSIMの携帯がとても人気があり、

通信業者の違うSIMを刺して、

相手によって違う通信業者2つの電話番号を、

使い分けることが普通に行われています。

現状では身分証明書の提示は必要ないので、

まさに売りっぱなしで電場番号の管理は野放し状態です。

プリペイドSIM携帯が誘拐事件や、

テロ事件で爆弾の起爆装置に使われると、

犯人の割り出しが困難になる現状があり、

この法案はそのために以前から検討されていました。

とはいえ偽造の身分証明書が横行している現状では、

あまり犯罪対策には貢献しないような気もします。

↓情報が参考になりましたら応援クリックお願いします
<a href=
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。