スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン人妻がカナダ人の夫を殺害


これが本当なら最悪の話ですね。

以前に紹介したカナダ人殺害事件の続報です。

先月スリガオ市のビーチで62歳のカナダ人男性が射殺されるという事件がありましたが、

その主犯格はフィリピン人妻だったというお話です。

スリガオ市警察はカナダ人が銃で撃たれて殺害された事件で、その妻が殺人を計画したとの見方を強めています。

妻は事件のあとカナダに逃亡しているそうですが近く引き渡しを求める方針だそうです。

警察の調べによると殺害事件の容疑者のひとりであるファミリードライバー兼ボディガードの男性とカナダ人の妻は、

なんとロマンチックな関係にあったとか…。

カナダ人と結婚したあとにドライバーと親密な関係になったのか、

それともボーイフレンドだった男性をドライバーとして雇ったのかが気になりますね。

もし後者の場合、最初から殺害を計画していたことも考えられます。

犯行の動機は保険や財産が目的と警察はみているようです。

フィリピンの現地情報は→フィリピン情報ランキング

殺害されたカナダ人男性は遺書を残していたそうで、

ひとつはカナダで以前に作成したもので、もうひとつは新しくフィリピンで作成したもの。

カナダ人男性には離婚経験があって前妻との間にできた息子が米国にいるらしいのですが、

フィリピンで作成された遺書には、フィリピン人の妻以外に遺産は分配しない、と記されていたそうです。

過去にフィリピンで何度か銃撃を受けた経験があるらしく殺害されるかもしれないと妹に話していたとか…。

それにも関わらずフィリピンに来ていたということは、妻をまったく疑っていなかったということになりますね。

フィリピンのように法の支配が脆弱な国では外国人は極めて弱い存在です。

警官の恐喝など観光客がターゲットになることからもそれがよく分かります。

フィリピン人と結婚することで多少は守られる(手が出しにくくなる)のも確かですが、

この事件のように家族に裏切られてはどうしようもありませんね。

なんともやりきれない事件です。

ソース

sunstar.com.phなど

t_967107 (1)t_967107 (6)

↑フィリピン情報に参加してます。更新の活力です。応援クリックよろしく
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。