スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お釣りを用意しない非常識タクシーとの攻防


ある学生のタクシーでの体験が注目を集めています。

アテネオ大学に通う男子学生がフェイスブックに、

釣りを用意しない運転手との口論を撮影したビデオを投稿しました。

学生の説明によると、

大学に行くためにタクシーを利用し、

到着後に500ペソ札を渡したところ、

お釣りがないと言われたそうです。

仕方なく近くにあるガソリンスタンドまで行き両替しましたが、

運転手は運賃を受け取ったあと、

再び目的地である学校に向かうことを拒否し、

学生はガソリンスタンドに置き去りにされたそうです。

彼はこの非常識な経験を広めるよう求めると共に、

この運転手が免許を取り上げられ、

ペディキャブ運転手になることを望んでいると書いています。

彼はこの運転手のお陰で大学に最終テストに遅刻したそうです。

またタクシー会社に電話しましたが、

誰も出なかったとも証言しています。

Taxi Driver Without Change VS. Ateneo Student with 500 Peso Bill Video Goes Viral

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【ローカルプラス】

常識で考えればガソリンスタンドに行ったのは、

お釣りを用意していなかった運転手の責任ですから、

再び目的地まで客を運ぶのは当然だと思いますが、

マニラでこういう考えは通用しないようです。

フィリピン人ですら頭を痛める現地のタクシー事情ですが、

一般庶民の教育が底上げされない限り、

根本的な改善は無理そうです。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。