スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エルミタ、マビニの宿泊施設で爆弾を製造か、警戒を強化


日本人にもお馴染みのマニラ市の歓楽街で爆弾騒ぎがありました。

現地の報道によると火曜日にエルミタにある宿泊施設で爆弾を製造した痕跡が発見され警察が出動したそうです。

騒ぎがあったのはマビニ通り沿いにあるサントス・ペンションハウスで、

その一室で空になった散弾銃の銃弾や起爆装置の一部とみられる部品などが発見されたそうです。

部屋に残された材料などから銃弾の火薬でパイプ爆弾を製造したとみられています。

フィリピンの現地情報は→フィリピン情報ランキング

宿泊施設の記録に残っている名前を手がかりに部屋を使った男の行方を警察が追っているそうです。

それにしても物騒な話ですね。

いったい何の目的でわざわざマニラで爆弾を作ったのかが気になります。

騒ぎのあったペンションハウスですが地図で見るとロビンソンプレイスとデルピラール通りのちょうど中間あたり。

歓楽街のど真ん中って感じでしょうか。

警察はこの事件を受けてショッピングモールなどの警戒を強化する方針のようです。

マニラにいる方はしばらく注意して行動したほうがいいかもしれません。

ソース

abs-cbnnews.com

t_967107 (1)t_967107 (6)

↑フィリピン情報に参加してます。更新の活力です。応援クリックよろしく
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。