スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マニラの貧困地区で大火事、2千人が焼け出される


土曜日の深夜にマニラ市内の各地で、

火事が相次ぎ2000人以上の住人が避難しました。

火事があったのはビノンド地区とトンド地区の住宅街で、

ビノンド地区ではおよそ50戸の家屋に延焼し、

100家族が焼け出されました。

一方、トンド地区でも同じ頃に、

住宅街で出火し1000戸の家に延焼し、

2000人以上が避難しました。

いずれの火事も日曜の朝には、

消防隊の活躍により鎮火しました。

これまでにビノンド地区で1人の男性の焼死体が発見されいます。

マニラ市内ではこの2日前にも、

ビノンドの商業ビルで火災があり、

250万ペソ相当が焼失したばかりです。



【インクワイヤラー、gmanetwork】

出火原因はよく分かっていなようですが、

フィリピンでは違法居住者は一掃するのに、

火災を利用するという都市伝説があります。

映像を見る限り住宅街といっても、

バラックばかりの貧困地区のようです。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。