スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国軍がアブサヤフに空爆、襲撃で兵士6人死傷


フィリピン南部で国軍部隊が、

イスラム過激派の襲撃を受け兵士6人が死亡しました。

バシラン島で日曜日の朝7時ごろ、

政府の道路建設プロジェクトの警備をしていた国軍部隊が、

20人ほどのイスラム過激派アブサヤフの待ちぶせ攻撃を受け、

約45分間の銃撃戦となり、

国軍兵士6人が死亡しました。

これに先立ち国軍は土曜日にスルー州で、

アブサヤフに対し航空機を使った空爆を行い拠点を制圧しおり、

バシラン島の待ち伏せは報復や、

陽動作戦である可能性も指摘されています。

国軍によると現在アブサヤフは、

オランダ人とスイス人の鳥類学者などの外国人を含めた、

11人を人質にしています。

海外生活フィリピン情報←各地の危険情報はここで間違いなし

アブサヤフは身代金目的の誘拐を繰り返しており、

先日もドイツ人2人の人質を身代金と引き換えに解放したばかりで、

10月29日には8歳の女の子が100万ペソを支払い解放されています。

また日本人のトレジャーハンターも誘拐されていましたが、

彼はすでにアブサヤフの一員になっているとの情報もあるようです。

バシランとスルーはアブサヤフの拠点となっており、

政府は掃討作戦を強化する方針を示しています。



【マニラスタンダード、gmanetwork】

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。