スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界一姑息なマニラの交通取り締まりを御覧ください


マニラ首都圏で交通違反切符を切られた市民の苦情が話題になっています。

ある市民がUターンをしたところ、

トラフィック・エンフォーサーに呼び止められ、

交通違反を指摘されたそうです。

何の違反なのか市民が尋ねると、

Uターン禁止の場所のUターンを行ったと、

エンフォーサーは答えました。

しかし周囲にUターン禁止の標識が見当たらないため、

エンフォーサーに指摘すると、

少し歩いた場所に歩道に倒れ、

道路からはまったく見えない状態の標識を見せられたそうです。

切符切られた市民は、

「こんなバカな摘発を止めさせるべきだと思う人は拡散してくれ」と、

フェイスブックで訴えており、

http://internet.blogmura.com/facebook/index.html

現在800人近くが投稿をシェアしています。

fool1.jpg

先日、壊れた信号機のニュースがありましたが、

最悪の信号機にドライバーがブチ切れ、完全に罠だと話題に

それと同じで交通取締と標識の管轄が違うという理論なのでしょうね。

倒れているのを知っていて、

わざわざこの場所で取締りを行っているエンフォーサーに姑息さを感じます。

おそらくチケットを切らない代わりに、

袖の下を受け取って一儲けしているのかもしれません。

まさに入れ食い状態でしょうね。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
<a href=
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。