スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


同性愛者殺害、使用済みコンド◯ム発見、殺害動機に様々な憶測


オロンガポ市の歓楽街にあるホテルで、

同性愛者の男性(性転換者)が、

米兵とみられる男に殺害された事件で、

警察は殺害動機を調べている。

殺害された男性は、

ホテルの部屋にあるトイレで、

便器に頭を突っ込む姿で死亡していた。

また首を絞められた跡があり、

裸で毛布を身に纏っていた。

ホテルにチェックインする前に訪れていたバーの防犯カメラには、

殺害された男性が、

4人の外国人とみられる男と一緒にいる姿が記録されたいた。

バーで男性と一緒だった友人によると、

接触してきたのは外国人のほうからだった。

そして男性と米兵とみられる男は、

バーの近くにあるホテルにチェックインし、

午後11時45分ごろに男がひとりで部屋を出て行った。

その後、部屋を清掃で訪れた従業員が、

トイレで死亡している男性を発見した。

部屋には争った形跡なく、

男性の持ち物もそのまま残されていた。

警察は2つの犯行動機を推測している。

ひとつは被害者が性転換者であることを知ったため、

犯行に及んだというものだが、

部屋からは2つの使用済のコンド◯ムが発見されており、

その可能性は低いと考えられている。

もうひとつは被害者が米兵とみられる男から、

窃盗を試み報復された可能性も考えられている。

米大使館は拘束されている米兵が犯人である可能性を疑っている。

殺害された男性は稼ぎ頭で、

弟の学費を援助するだけでなく家族を養っていた。

妹は弟が殺害された日に、

バーで生きている彼を見かけたという。

彼女によると弟はドイツ人の婚約者がいて、

家族に良い生活を与えることだけを夢見ていた。

被害者の家族は犯人が迅速に裁かれることを願っている。

フィリピンの外務長官は米国大使館と綿密な調整を行い、

公正な裁きが行われることを約束した。

米国大使館は声明で被害者に哀悼の意を表明し、

捜査に協力することを誓った。

ビデオ:Transgender patay; US Marine iniimbestigahan

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【abs-cbn】

米兵が犯人であることはほぼ間違いないようですが、

フィリピン側に身柄が引き渡されるのかが、

大きな焦点になりそうです。

左翼グループが米国大使館の周辺で反米デモを行うなど、

しばらく混乱するかもしれませんね。

ちなみに被害者の男性ですが、

見かけはほとんど女性そのものです。

かなりお金がかかっているように見えます。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。