スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現金とATMカード30枚失う、貸金業者がタクシー強盗被害


マニラ首都圏でタクシーの乗客が運転手に、

ホールドアップされる事件がありました。

事件があったのは午前3時半ごろで、

2人の被害者はオルティガスにある銀行のATMから、

現金30万ペソを引き出しタクシーに乗りました。

そしてパシッグ市に到達したとき、

運転手がいきなり車を停車させ、

銃を突き付け強盗を宣言。

運転手は現金30万ペソと、

ATMカード30枚が入ったバッグを奪い取ると、

2人に車を降りるよう命じ逃走しました。

被害者はタクシーのナンバーや車種を覚えていませんでした。

2人は「ファイブシックス」とよばれる高利貸しを、

コールセンター従業員を相手に営んでいたそうです。

警察は現場周辺の防犯カメラの映像から犯人を特定する方針です。

【ジャーナル】

盗まれた30枚のATMカードは、

高利貸しの顧客から預かっているものと思われます。

金を貸す代わりに顧客からATMカードを預かり、

給料日に強制的に借金を回収し、

残金を顧客に渡すシステムです。

ちょっと横暴な感じがしますが、

フィリピンでは極めて普通に行われていることです。

このくらい徹底してやらないと、

借金の回収は難しいのでしょうね。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。