スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自殺か他殺か、日本人死亡事件でマニラ警察が徹底調査


マニラ地区警察の殺人課は、

射撃場で日本人が自殺したと伝えられる事件で、

すべての角度から捜査する方針を示しています。

病院で死亡が確認された70歳の日本人男性は、

エルミタ地区のマビニ通りにある、

エクスクルーシブ・プラザホテルに滞在していました。

警察によると事件は午後3時ごろ、

エルミタ地区のアルハンブラ通りにある射撃場で起きました。

男性は事件の前日にフィリピンを訪れたばかりで、

当日は観光ガイドと一緒に両替商に行き、

そして昼食をとって射撃場に向かったことが分かっています。

そして射撃場で45口径拳銃をレンタルたあと、

突然、口の中に銃口を向けて引き金を引き、

その場に居合わせた人々を驚かせました。

射撃場に設置されていた監視カメラが、

その様子を明確に捉えていましたが、

警察は男性の死に事件性がないことを確実にするため、

捜査が進行中だと説明しています。

【ジャーナル】

ほぼ自殺で断定というところでしょうか。

射撃場の支払いのために両替に行くのはともかく、

これから自殺するというときにも食事に行くものなのですね。

すでに覚悟を決めて最後の晩餐という感じだったのでしょうか。

ガイドを連れていたということは、

現地に不慣れな感じではありますが、

初めて来た国で自殺するとはちょっと考えられないですね。

なぜフィリピンを最後を迎える国に選んだのか理由が気になります。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。