スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


比国内に100万人の違法滞在外国人、猶予期間与え登録呼びかけ


このほど入出国管理局の局長が、

フィリピン国内に100万人を超える、

「TNT」と呼ばれる外国人が違法滞在していることを明らかにしたました。

局長は出演したラジオ番組で、

「フィリピン国内には150万人以上の外国人がいるが、

入管に登録されているの20万人に過ぎない」と指摘しました。

局長によると59日を超えて滞在する外国人は、

入管で登録手続きが必要だと説明しています。

そして新しい登録プログラムが、

今年の10月1日から開始され、

オーバーステイの外国人に、

1年間の猶予期間を与える方針を示しています。

このプログラムは

来年の9月30日に終了する予定です。

外国人は国内にある43ヶ所の入管オフィスのどこでも手続きを行えます。

刑事事件を起こしていない限り、

猶予期間内に登録すれば、

オーバーステイの外国人を強制送還することはないと、

局長は説明しています。

【abs-cbn】

新しい登録制度のようですが、

また新しい書類への記入を求められるのでしょうか?

以前はI-CARDを持っていくだけでOKでしたが、

面倒な手続きが増えないことを願うばかりです。

ちなみに「TNT」とは、

タガログ語の「Tago nang Tago(いつも隠れている)」の略語で、

オーバーステイなどの違法滞在を意味する言葉だそうです。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
<a href=
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。