スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中東の比人メイド、雇用主の家で双子を出産、姦通で逮捕


アラブ首長国連邦で働くフィリピン人メイドが、

雇用主の家で双子を出産し、

姦通罪で起訴される見通しだそうです。

事件があったのはシャールジャにある民家で、

住み込みで働いている35歳のフィリピン人メイドが、

朝食の準備をしていなかったことから、

雇用主が部屋を確認したところ、

バスルームで双子の赤ん坊を出産し、

血まみれの床に倒れているメイドを発見しました。

メイドと赤ん坊は病院に運ばれ両方とも無事でしたが、

その後、メイドは警察に連行されて尋問された結果、

職場の近所で働く38歳のバングラデシュ人の男と、

不倫関係だったことが発覚。

警察は国外逃亡をしようとしていたバングラデシュ人の男を、

姦通罪の容疑で逮捕しました。

【gmanetwork】

フィリピン人メイドとバングラ人のどちらかが既婚だったのか、

それとも結婚していない状態での肉体関係が、

禁じられているのかわかりませんが、

とにかく中東では罪になるようです。

それにしても双子を妊娠しているにも関わらず、

雇用主も異変に気付かないとは、

かなり太ったメイドだったのでしょうね。

妊娠を隠しながら出産直前まで働いていたというのは、

逆に凄いことかもしれません。

雇用主もさぞかしビックリしたことでしょう。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。