スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あのセブ・パシフィック航空が定刻運行率でトップに


セブ・パシフィック航空は木曜日、

同社の定刻運航率がフィリピンのローカル航空会社で、

トップの成績だった発表しました。

同社のフェイスブックやウェブサイトによると、

http://internet.blogmura.com/facebook/

6月の同社の定刻運航率は81.7%で、

世界313社の航空会社のうち99位となったそうです。

100位以内に入ったフィリピンの航空会社は、

セブ・パシフィック航空のみで、

フィリピン航空は191位、

タイガーエアー・フィリピンは290位だったそうです。

6月の定刻運航率の集計による各地域の平均は、

アジア・パシフィック地域が68.98%で、

北米は73.31%、ヨーロッパは79.88%だったそうです。

セブ・パシフィック航空は50機の旅客機を運行しており、

2021年までに11機のエアバスA320や、

30機のエアバスA321neoなどを導入する予定だそうです。

【TV5、ビジネスワールド】

セブパシという客室乗務員によるダンスやゲームなど、

イロモノ的な話題が多かったですが

運行もかなり改善されているようですね。

日本にも飛んでいるのでこの調子で頑張ってほしいところです。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。