スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マニラのタクシーは乗客も運転手も命懸けだ


マニラ首都圏でタクシーに関連する、

強盗事件が相次いでいるようです。

月曜日の夜にマンダルヨン市で、

31歳の女性がタクシー内で強盗に襲われる事件がありました。

女性の証言によると、

午後8時ごろにオルティガス通りとルーズベルト通りの角で、

タクシーを捕まえて乗車し、

ラ・サール・グリーンヒルズ付近に到達したところで、

急にタクシーが停車し3人の男が乗り込んできたそうです。

女性が悲鳴を上げると男の1人がナイフを突き付け、

現金2千ペソやATMカード、指輪などを奪われ、

パシッグ市のC-5ロードで降ろされたそうです。

また日曜日にパサイ市では、

タクシー運転手が強盗に遭う事件がありました。

運転手によると午前3時半頃、

E.ロドリゲス通りにあるソゴ・ホテル前で女性をタクシーに乗せたそうです。

そしてマリバイまで行くように頼まれ目的地に着くと、

そこで待ち構えていていた男が車内に乗り込んできて、

アイピックを突き付けて強盗を宣言し、

運転手の売上金3千ペソを奪って逃走しました。

一方、パラニャーケ市で同じく日曜日に、

タクシー運転手(54)が強盗に襲われる事件がありました。

同市内で午後3時ごろ運転手が3人の男を乗せたところ、

男のひとりが銃を取り出して強盗を宣言。

運転手からハンドルを奪うとカビテ方面に走りだし、

その間、男たちは車内で運転手に暴行を加え売上金を奪ったそうです。

そしてカビテに到着すると、

運転手から衣服を剥ぎとり真っ裸して暗闇の中に放り出しました。

裸の運転手は現地のバランガイに保護され、

パラニャーケ警察に引き渡されたあと病院で治療を受けたそうです。

【ジャーナル】

乗客に強盗を働く運転手はもってのほかですが、

不特定多数の乗客を乗せる運転手もかなりリスクの高い仕事と言えそうです。

営業中であれば一定の金額は持っていますから、

強盗にとっては意外と手堅い相手なのかもしれません。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。