スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もうダメ…MRTが故障連発、事故後2回も立ち往生


もう老朽化が限界に来ているようです。

先週の水曜日にマニラ首都圏を走る高架鉄道(MRT)が、

終点であるパサイ市のタフト駅で停車に失敗してバリケードを突き破り、

36人が負傷する大事故があったばかりですが、

この後も故障が相次いでおり、

利用者を不安に陥らせています。

事故から2日後の金曜日、

サントラン駅付近で列車が動力を失って停車する不具合があり、

他の列車によってトライノマ駅まで運ばれたそうです。

さらに日曜日の朝にも、

ブエンディア駅付近で列車に不具合が発生したため、

乗客をすべて降ろされ、

別の列車によって運ばれました。

この影響によりしばらく片側の線路は使用不能となり、

片側だけによる運行を強いられたそうです。

【abs-cbn】

さらなる大事故の予兆かもしれませんね。

MRTやLRTなど高架鉄道は、

慢性渋滞のマニラ首都圏において、

ある程度、時間が読める唯一の交通手段でしたが、

悪化する駅での混雑や度重なる故障で、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

利便性が急速に悪化しています。

新しい車両の導入は数年先になりそうなので、

これからもトラブルは増える一方でしょうね。

運賃の値上げ難しく赤字を垂れ流しながらの運営ですから、

整備に手が回らず大事故が起きるのも時間の問題かもしれません。

関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。