スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「同胞に殺される」マラテの日本人が警察に保護求める


現地からの報道によると、

このほどマニラ市に住む日本人男性が、

隣人の日本人とのトラブルをめぐり、

警察に保護を求めたそうです。

マニラ地区警察に保護を求めたのは、

マラテ地区のP.オカンポ通りにあるコンドミニアムに住む、

64歳の日本人男性。

警察によると日本人男性は、

8月7日の午後7時30分ごろに、

同じグランドタワー・コンドミニアムに住む、

59歳の日本人の男と対立し、

「この国で腕を切り落とされたいか?」と脅されたそうです。

男性がそれを無視してエレベーターに乗り込むと、

後を追ってきた男に携帯電話のカメラで写真を撮られました。

男性は自分の部屋から物を盗んだ疑いで相手の男を訴えており、

これに激怒した男が殺し屋に写真を渡して、

殺害を企てていると主張しています。

【ジャーナル】

命の値段が安く、

日本では考えられないような理由で人が殺害される国です。

ちょっとした脅しかもしれない一言が、

警察沙汰になってしまうことも多いようです。

フィリピンの報道の特徴ですが、

被害者や容疑者の名前から住所まで公表されることが多いです。

ときには住んでいるコンドの部屋番号まで明かされます。

この国ではプライバシーは、

ほとんど考慮されないので警察沙汰には注意が必要です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。