スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マニラ空港で中国人を逮捕、比人を装い出国試みる


現地からの報道によると、

このほどマニラ国際空港で、

フィリピンのパスポートを使って、

出国しようとした中国人が逮捕されたそうです。

空港の入管当局によると、

逮捕されたのは29歳の中国人の男で、

第2ターミナルすでにチェックインを済ませたあと、

入管ブースでパスポートを見せた際に、

職員が英語とタガログ語で行った質問に答えることが出来ず、

フィリピン人ではない疑いで出国を阻止されました。

通訳によると男は、

学生ビザでフィリピンを訪れており、

長期滞在の外国人に義務付けられているI-Cardの更新のため、

イントラムロスにある入国管理局にパスポートを預けていたそうです。

しかし家族の都合で急に帰国しなければならなくなり、

パスポートの返還を求めましたが、

手続きが保留となっておりパスポートは返せないと説明されました。

途方に暮れて入国管理局を出ると、

フィクサーが接触してきて、

10万ペソでフィリピンのパスポートを取得できると持ちかけられたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

入管は中国人の男が通っていた学校に、

何が起きたのか説明を求める方針だそうです。

男は公文書偽造の容疑で、

ビクタン刑務所に拘置されています。

【ジャーナル】

イントムロスの入国管理局では、

様々な手続きの代行を請け負うフィクサーを禁止し、

一掃したと聞いていましたが、

まだこんなかたちで生き残っていたようですね。

おそらく偽名で本物のフィリピンパスポートを入手できるルートが存在するのでしょう。

この中国人も英語されできれば、

そのまま出国できていたはずです。

この手口を使えば、

たとえば犯罪者がフィリピンに逃亡してきて、

自国のパスポートが失効してしまった場合、

偽名でフィリピンパスポートを取得し他の国に出国が可能ですね。

こういった汚職が依然として横行していることも、

フィリピンが世界の犯罪者に、

逃亡先として選ばれる人気の秘密なのかもしれません。

ちなみに逮捕された中国人ですが、

外見がまったくフィリピン人に見えないことも、

怪しまれた理由かもしれません。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。