スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


台風で自治体が警告「川の魚を食べるな」、その恐ろしい理由


台風9号が去ったあとのマニラ首都圏では、

川に魚を捕る住人が殺到しており、

自治体が注意を呼びかけています。

木曜日にマカティ市は、

パシッグ川で捕れた魚が汚染されているとして、

食べないよう市民に注意を促しました。

それによるとパシッグ川の水には、

メチル水銀などの有毒物質が含まれており、

これを摂取すると、

特に子供が神経系の傷害を起こす可能性があると指摘しています。

パシッグ川では台風9号(グレンダ)による大雨で、

上流にあるリサールやラグナの養殖場から、

大量のテラピアやミルクフィッシュが流出しており、

数百人の市民が川に押し寄せていたということです。

【TV5】

これだけ川が汚染されていると、

養殖場も汚染されていないのか心配になりますね。

明らかに食べる目的でベイウォークで魚を釣っている人がいますが、

あれもきっと危ないと思います。

病死した豚の肉を売って逮捕される業者のニュースもよく聞きますし、

考えすぎると市場などで食材を買うのが怖くなります。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。