スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


避難所で6歳少女レ◯ブ事件、仰天の真犯人


現地からの報道によると、

サンボンガ市で6歳の少女が、

遊び友達にレ◯ブされた事件で、

真犯人が別にいたことが判明したそうです。

事件があったのは、

イスラム勢力MNLFの武装集団と国軍の戦闘によって、

焼け出された市民が避難しているスポーツ施設で、

6歳の少女が原因不明の発熱を繰り返すため、

医師が検査を行ったところ性病に感染していることが発覚。

さらに詳しい検査で、

繰り返しレ◯ブされていたことが判明しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

少女は当初、犯人について11歳の遊び友達だと証言し、

警察に補導された少年は社会福祉省に引き渡され、

カウンセリングを受けていました。

しかしその後、祖母が一緒でないときに、

少女にインタビューを行ったところ、

犯人は遊び友達の少年ではなく、

少女の60歳になる祖父だと証言。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_pv.html

警察は直ちに祖父を逮捕しました。

祖母は祖父が逮捕されたことに激怒し彼を擁護し続けており、

警察は祖母も事件に関与している可能性があるとみています。

さらに少女の母親は夫に捨てられたにも関わらず、

妊娠していることも発覚しており、

祖父が少女とその母親をレ◯ブしていた可能性も疑われています。

当局は少女の聾唖の母親と2人の兄弟の安全を確保するため保護する方針です。

避難所には戦闘が終結した9ヶ月後にも約4万人が暮らしており、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

たびたび虐待事件が起きるなど、

その過密状態が問題視されていました。

【インクワイヤー】

祖父の行動を容認して擁護さえしている祖母の存在が一番怖いですね。

もしかたらポン引きのようなことをして、

少女や母親を斡旋していたのかもしれません。

母親にも被害者の疑いがあるということは、

近◯相◯ということですよね。

前から常習的に犯行を繰り返していたのなら、

少女が祖父の実の子供である可能性も…。

なんか恐ろしい世界です。

ちなみに、この避難所では昨年9月にも、

5歳の少女が叔父に襲われる事件が起きていました。

また困窮した避難者の女性がトイレや体育館で、

金銭と引き換えに行為を行うケースが相次ぎ問題となっていました。

依然として戦闘で家を失った避難者の状況は改善されて居ないようです。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。