スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンガポールでは比人メイドの素行調査に探偵を雇うのが常識だ


シンガポールで暮らす27歳のデビは、

最近雇っているフィリピン人メイドが、

夜遅くまで電話でおしゃべりしている様子をみて一抹の不安を感じた。

デビは独身で60代の父親と一緒に暮らしており、

「私はメイドが彼氏を家に連れ込むことを心配している」

とその不安を打ち明けた。

デビはメイドが休日に何をしているのか知るために探偵を雇うことにした。

そして調査の結果、

20代で既婚のはずのメイドにバングデッシュ人の彼氏がいて、

休日に食事をしたあとホテルにチェックインしているのが確認された。

「彼氏がいるのは薄々分かっていたけど、まさかホテルに通っているとは…」

「もし彼女が妊娠したらどうなりますか?」

デビはメイドを帰国させることにした。

彼女は探偵にメイドを3日間監視させるのに約2000ドルを使ったが、

「メイドと一緒に暮らしている私達の安全を保つため」と話し、

必要な出費だったと納得している。

彼女のようにメイドの監視に探偵を使う雇用者は少なくない。

6人の私立探偵社にインタビューした結果、

彼らはみな毎月メイド監視を依頼する常連の顧客を持っていた。

彼らによると学校が休みとなる6月と12月バケーションシーズンには、

家にメイドを残して旅行でに出る家族が多く、

メイドの監視業務は倍増するという。

ある探偵社の業務のうちメイドの監視は20%を占めているそうだ。

「正体不明の男が家に侵入することは雇い主にとって悪夢だ」

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

「何かを盗まれたり暴力事件を起こすこともありうる」

ある探偵は監視の重要性を強調した。

特に昨年からメイドに休暇を毎週与えることを義務付けられてから、

監視の需要は急増しているという。

人材省には月に約200件のメイドに関する苦情が寄せられているが、

トップ3はメイドが彼氏を雇用主の家に連込むこと、

窃盗、そして子供への暴力だという。

また雇用主がメイドが売春を行っているか確認するため、

探偵を雇うことも珍しくない。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ある20代のメイドは日曜日になると、

違う相手とホテルにチェックインを繰り返し、

毎週3人から4人の相手をしていたことが分かり、

実態を知った雇用主はすぐに彼女を解雇した。

また認知症の高齢女性を家に残して長期旅行に出る家族に、

インドネシア人メイドの監視を依頼された探偵は、

彼女が夜中に彼氏を家にこっそり招き入れ、

夜明け前に家から出て行くのを発見した。

これを知った雇い主はメイドを解雇したという。

【ストレーツタイムズ】

出稼ぎ中とはいえ恋愛は自由ですが、

雇用主にとってはかなり迷惑な話のようです。

ちなみにシンガポールでは、

雇用主にメイドの健康診断が義務付けられていて、

妊娠が発覚した場合は即刻帰国させられるそうです。

日本でも外国人メイドの雇用が検討されているそうですが、

このくらい厳しくしないと、

外国人だらけになってしまいそうです。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ<a href=
関連記事


カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。