スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スービックの歓楽街が悲鳴、米兵のバー禁止令で売上激減


フィリピンを訪問中の米兵に課せられた、

門限やバー禁止令により、

歓楽街が大きな打撃を受けています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


オロンガポ市スービック自由港近くにある、

ナイトクラブやバーは、

現地を訪れる兵士に米軍が課した、

夜10時までの門限とバーへの入店禁止の制限を、

撤廃するよう強く求めています。

この禁止令は昨年にオロンガポ市で、

米兵が性転換者の男性を殺害したとされる事件を受けて、

実施されているものです。

4月に約7千人の米兵が、

軍事演習のためにフィリピンを訪れますが、

彼らの行動は制限され、

宿泊するホテル周辺に限定される見通しです。

ナイトクラブやバーのオーナーは、

この禁止令により商売が、

大きな影響を受けていると指摘しています。

スービック自由港の近くのウォーターフロント・ロードにある、

「スキューバシャーク・バー・アンド・レストラン」のオーナーは、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

米軍の禁止令について尋ねられると、

「商売上がったりだ」と返答しました。

彼の店は米軍の船が接岸する桟橋付近にあり、

米兵お気に入りの場所となっていましたが、

禁止令の影響で一日約5万ペソの売上を失いました。

「今、船が2隻来ているが港には接岸せず沖に停泊している」

「兵士たちは上陸することができない」

「今年は軍事演習が予定されていて、より多くの船が訪れる予定だ」

「でもこの禁止令のおかげで売上は期待できない」

と彼は付け加えました。

スービック自由港関係者は、

4月に9隻の軍艦が訪れることを明らかにしています。

また「ベイサイドディスコ・アンド・カラオケ」のマネージャーは、
http://otona.blogmura.com/philippine_nightlife/

この禁止令で80%の顧客を失ったと嘆きました。

マネージャーはここで働く女性は許可をもらうために、

多くの提出書類や検査があるので、

米兵は安全に遊べることを強調しました。

「ナバルステーションバー」のマネージャーも、

禁止令により大きな影響を受けていることを認め、

以前は一晩で4万ペソから5万ペソあった稼ぎが、

2万ペソにまで減少していることを明らかにしています。

「元々このビジネスは米兵を相手に始めた」

「禁止令は米兵が常連客だった私たちにとって大きな打撃だ」

28歳の女性マネージャーは語りました。

米兵のたまり場となっていた「HD1バー・アンド・レストラン」は、

一晩に6万ペソから5万ペソの売上がある人気店でしたが、

禁止令直前に冷蔵庫と冷凍庫を購入してしまい、

100万ペソの損失となりました。

禁止令によって多くの店が苦境に陥っており、

すでにいくつかの店は閉店に追い込まれています。

最近、クラブやバーのオーナーが当局と行った会議では、

禁止令の解禁を求めることで一致しました。

Curfew, nightclub ban on US troops killing businesses in Olongapo, Subic

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【ラップラー】

かなり切迫した状況のようです。

独特の雰囲気を放つ歓楽街が、

存亡の危機に立っているという状況でしょうか。

禁止令の原因となった事件はコチラ
同性愛者を殺害した容疑で米兵を拘束

一方でこんな期待があった時期も…
GROも歓喜!米軍回帰で歓楽街の復興に期待高まる

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

痴漢タクシー運転手を逮捕、寝ている女性をホテルに連れ込む


イロイロ市でわいせつ行為を行なった、

タクシー運転手が逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


水曜日の午前2時ごろ、

コールセンターで働く30歳の女性が、
http://internet.blogmura.com/facebook/

帰宅するために43歳の男が運転するタクシーに乗りました。

運転手はタクシー内で寝てしまった女性に対し、

局部に触れるなどわいせつ行為を行ないました。

女性が目を覚まさなかったことから、

運転手は行き先を変えて、

宿泊施設「ムーンライトロッジ」に女性を連れ込みました。

しかし目を覚ました女性が抵抗し叫んで助けを求めたため、

運転手は駐車場からタクシーを出し、

近くで女性を降ろして逃走。

女性は最寄の警察署に駆け込んで助けを求め、

運転手は間もなく逮捕されました。

運転手は女性をホテルに連れて行ったことは認めていますが、

「休ませるためだった」と話し、

わいせつ行為は否定しています。

運転手はレ○プ未遂で告訴される見通しです。

【フィルスター、ガーディアン】

日本とは違ってタクシー内で寝るのは、

非常に危険な行為といえそうです。

もちろん寝なくても薬品を使って、

客の意識を失わせる悪徳運転手もいるのでご注意を。

タクシーで睡眠薬強盗、女性が赤信号で逃げ出し危機一髪

女性狙う変態タクシーが依然として横行、SNSで話題に

女性が走行中のタクシーから脱出、謎の薬品で目眩

薬品で意識朦朧…タクシー運転手による強盗やレ◯プに注意

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。