スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


落とし主不明、マニラ空港に眠る現金5千ドル、このまま没収か…


マニラ国際空港で落とし主が不明の現金が、

依然として保存されています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


空港当局によると、

これまで空港の違う場所で発見された、

合計5千ドルを超える現金が、

落とし主が現れないまま保存されているそうです。

これらの現金は2つの別々の場所で発見され、

空港職員に届けられました。

3千ドルは乗客によって発見されて掃除係に届けられ、

残りの2千500ドルは第2ターミナルで発見されました。

ほかにも10万ペソが第3ターミナルで、

外国人の乗客によって置き去りにされました。

これらの現金は有力な証拠を持つ落とし主が現れるまで、

空港当局が保管することになりますが、

6ヶ月の猶予期間に落とし主が現れない場合、

空港が没収することになります。

落とし主の確認を確実にするため、

空港当局は現金が発見されたときの状況の公開を差し控えてます。

【abs-cbn】

最初から諦めてる落とし主が多いということでしょうか。

わざわざフィリピンに戻ってまで回収するには、

ちょっと中途半端な金額ではあります。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

銃弾1発で3人が死傷、凄腕の殺し屋なのか?


パンガシナン州で3人が死傷する発砲事件がありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


金曜日の午後4時30分ごろ、

リンガエンにある闘鶏場で、

61歳の男性が頭部を拳銃で撃たれて死亡しました。

容疑者は2人組の男で、

闘鶏に賭けていた男性に近づき、

至近距離から右側の即頭部に向けて45口径拳銃を発砲。

銃弾は左側から貫通し、

付近にいた27歳の男性の胸に当たり、

さらに53歳の彼に父親の脇の下を貫通しました。

2人は病院に運ばれて治療を受けけています。

警察は犯行に使われた銃弾が、

とても強力なものだった可能性がある指摘しています。

2人の容疑者は犯行のあと、

闘鶏場から急いで出て行きバイクで逃走しました。

警察が2人の容疑者の行方を探しています。

【TV5】

珍しい事件ですね。

狙ってやれるものではないと思いますが、

こんなトバッチリを受ける可能性もあるので、

やはり銃社会は怖いです。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。