スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マニラでまた中国人実業家が殺害される


マニラ市で先日に続いて、

再び中国人実業家が殺害されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


サンタクルズで日曜日の午後7時ごろ、

携帯電話販売ショップを経営する、

31歳のフィリピン系中国人の男性が、

頭部を拳銃で撃たれて殺害されました。

男性はリサール・アベニューにある、

パークソン・スクウェア・ビルディングの一階にある、

駐車場に停めてあった車に乗ろうとしたときに、

近づいていきた男に至近距離から撃たれました。

男性は病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

目撃者は現れておらず、

犯行の動機も不明ですが、

警察は駐車場の係員か、

携帯電話ショップの顧客が容疑者との見方を示しています。

2人はそれぞれ被害者の男性とトラブルを抱えており、

顧客の男は男性を殺すと脅していたそうです。

この事件の前日には、

同じくマニラ市内にあるイントラムロスで、

バーを経営する中国人男性が、

自分の車の中で死んでいるのが発見されたばかりでした。

男性は手足をテープで縛られた状態で死んでおり、

バッグに入っていた現金や携帯電話が紛失していることから、

警察は強盗に襲われたとの見方を示しています。

【フィルスター】

相変わらずマニラ市は物騒なようですが、

似たような事件が続きますね。

駐車場の係員や店の客と、

命に関わるような深刻なトラブルになるとは思えませんが、

とにかく命の価値が軽い国なので、

ついムシャクシャして犯行に及んだのかもしれません。

みなさんもフィリピン人をムシャクシャさせないよう注意して下さい。

車に外国人実業家の遺体、手足を縛られた状態

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

フィリピン版ナッツリターン、女優が機内で騒動、空港に引き返す


フィリピンのベテラン女優が機内でトラブルを起こし、

飛行機が空港に引き返す騒動がありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


3月20日の午前9時20分出発のセブ・パシフィック航空の機内で、

乗客同士のトラブルがあり、

パイロットが空港に引き返す判断を下し、

午前10時半ごろに飛行機がターミナル3に引き返しました。

そしてトラブルの原因とされる、

女優のMelissa Mendezさんが強制的に降ろされました。

トラブルの相手は同じ飛行機に乗っていた、

モデルでスポーツ選手でもあるAndrew Wolffさんとその友人。

調べによると女優が窓から雲の写真を撮りたいと言い出し、

Wolffさんの友人の席に勝手に座ったそうです。

そして苦情を受けた客室乗務員が、

女優に自分の席に戻るように要請すると、

従うかに見えましたが、

急にWolffさんの友人を罵倒し始めました。

さらに女優は仲裁に入った客室乗務員を叩いたため、

報告を受けたパイロットが空港に戻って、

女優を飛行機から降ろす決断を下しました。

しかし女優は地元メディアに対し、

相手の乗客に窓から写真を撮りたいことを伝えただけと説明。

すると「口が臭い」などと言われ、

近寄らないよう叫び始めたと話しています。

女優は自分の弁護士に相談する一方、

女性団体にも助けを求める方針です。



【フィルスター】

どちらの言ってることが本当か分からないですね。

2人とも芸能界で活躍しているようですが、

何か過去に因縁でもあったのかもしれません。

互いに顔を知ってるはずですから、

普通に対応すればこんな大騒ぎにはならないと思うのですが。

いずれにしろ他の客にとってはいい迷惑ですね。

去年末にはこんな事件もありました。

ジャップ・リターン?日本人を拘束、飛行機のドアを開けようとして飛行が遅延

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

アンヘレス射殺事件、容疑者は元米軍にあらず、ただの元警備員でした!


パンパンガ州アンヘレス市で、

57歳の男が自宅で妻を射殺し、

2歳の娘を連れ去って逃走した事件で、

男の身元が元米軍兵士ではなかったことが判明しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


警察当局が明らかにしたところによると、

容疑者の男は元米軍兵士ではなく、

米国で一般の警備員でした。

しかし殺人罪で起訴され取下げられた過去があり、

その後、仕事を引退して家族と共にフィリピンで暮らしていました。

一方、金曜日には男によって連れ去られていた、

2歳の娘が無事に保護されました。

警察によるとバランガイ・バリバゴにある、

男の親戚の家の近くに居たそうです。

男は自宅で妻を射殺したあと、

トライシクルを運転して娘を連れて逃走していました。

【セントラルルソン・デイリー、サンスター】

事件当初から殺害された妻が、

元米軍所属だという報道があったりと、

かなり情報が錯綜していましたが、

ようや事実が判明してきたようです。

とはいえこの報道が間違っている可能性もあるのですが…。

依然として男は逃走中のようです。

アンヘレスで退役米軍人の男が妻を射殺、娘を連れ去る

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。