スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国人が退職金めぐり元従業員に刺される


マニラ首都圏で中国人経営者が、

刃物で刺されて重傷を負う事件がありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


パサイ市で午後5時ごろ、

サニーライン・ショッピングセンターで、

19歳の中国人女性が、

32歳の男に刃物で刺され病院に運ばれました。

男は女性に雇われていた元ヘルパーで、

退職金を受け取るために、

ショッピングセンターを訪れましたが、

女性が支払いを拒否したところ激しい口論となり、

激怒した男が所持していた刃物で、

女性を刺したと見られています。

女性は刃物が背中に刺さったまま病院に運ばれ、

緊急手術を受けました。

被害者の女性は、

姉妹と一緒にショッピングセンターを経営しており、

男は最近、解雇されたばかりでした。

【ジャーナル】

フィリピン人の雇用は難しいと言われますが、

やはり末端に行くほど、

理屈が通用しない傾向があるようです。

この事件でどんなやり取りがあったのか分かりませんが、

刃物を所持していたということは、

最初からトラブルになれば、

殺る気があったということでしょうね。

日本人でもメイドや運転手の解雇で、

トラブルになることは結構あるようですので、

人事ではありません。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

外国人観光客が危機一髪、共産ゲリラの戦闘の真っ只中に


ミンダナオ島で外国人観光客が、

国軍部隊と共産ゲリラの戦闘に、

巻き込まれていたことが分かりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


金曜日の朝にブキドノン州にあるキタングラッド山で、

7人の外国人がバードウォッチングをしていたところ、

付近で国軍部隊と、

新人民軍(NPA)の銃撃戦が始まりました。

ツアーに参加していた英国人3人とデンマーク人3人、

オーストラリア人1人は無事でしたが、

一緒だったフィリピン人ガイドが流れ弾で負傷しました。

7人は3日間のロッジへの滞在を切り上げ、

午後には無事にカガヤン・デ・オロに無事に到着しました。

外国人によると環境天然資源省から、

バードウォッチングの許可を得ていたそうですが、

現地の国軍は彼らの存在を知らなかったと話してます。

【サンスター】

現地ガイドがいる意味がよく分からないですね。

こんな危険地帯になぜ行かせるのでしょうか?

バードウォッチングではなく、

NPAの戦闘体験ツアーだったのかもしれません。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。