スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本人を再逮捕、偽の金証券を所持


マニラ市内のホテルで、

宿泊費を支払わず逮捕された日本人が、

別の容疑で再逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


再逮捕されたのは、

埼玉県出身の67歳の日本人の男で、
http://internet.blogmura.com/facebook/

2千万ドル相当の偽の金証券を所持していた容疑。

男は先月21日にエルミタ地区マビニ通りにある、

「シティ・ガーデンスイート」ホテルで宿泊費を支払えず、

ホテル側が警察に通報し逮捕されていました。

その後、警察によって所持品の検査が行われ、

その中に「ウェルズ・ファーゴ銀行」、

「米財務省」などと書かれた金庫があり、

中身を調べたところ金証券の束が発見されました。

そしてフィリピン中央銀行の専門家が調べたところ、

偽物であることが発覚。

国に対する経済的破壊行為にあたるとして、

男を再逮捕しました。

保釈は許可されない見通し。

米財務省によると金証券は、

連邦準備銀行間の取引に用いられるもので、

一般には出回っていないそうです。

Japanese with fake gold certificates charged

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【インクワイヤラー】

この件で逮捕された日本人のようですね。

日本人親子3人を逮捕、未払いでホテルに1ヶ月半

騙されて誰かに買わされたのか、

それとも誰かに売りつけようとしていたのか、

もしくは警察のセットアップか、

いろんなストーリーが思い浮かびます。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

「ちょっとタイヤ見てくる…」タクシー強盗の新しい手口


マニラ首都圏で新しい手口のタクシー強盗が横行しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


土曜日にマンダルヨン市で、

マクドナルドでマネージャーを務める22歳の女性が、

タクシー強盗に遭いました。

女性が職場付近から帰宅するために、

午前4時半ごろにタクシーに乗り、

パイオニア通りのトンネルに到達したとき、

運転手が「タイヤをチェックする」と言ってタクシーを停車させました。

しばらくすると運転手は刃物を持って車内に戻り、

女性を脅して1万9千ペソの相当の携帯電話や、

銀行のATMカードなどを奪い、

女性にタクシーから降りるように命じ、

そのまま現場から逃走しました。

女性は職場のマクドナルドに戻り警察に通報しました。

一方、パシッグ市では月曜日に、

タクシー強盗に遭った男性が、

車から飛び降りて負傷する事件がありました。

警察の調べによると、

男性が午前4時半ごろにタギッグ市から、

ケソン市リビスに向かうためタクシーに乗り、

C5ロードの陸橋付近に差し掛かったところ、

運転手がタイヤを確認するためにタクシーを停車させました。

そして車内に戻っきた運転手は、

ナイフを出して男性を脅しバッグを奪おうとしました。

男性は抵抗しドアを開けてタクシーから飛び降りることに成功し、

タクシーはそのまま逃走しました。

また日曜日の午前6時半ごろにも、

同じくパシッグ市でフィリピン系インド人の女性が、

同じ手口のタクシー強盗に遭い、

運転手に銃を向けられ、

所持していた医療機器などを盗まれましたが、

女性はドア開けて逃げることに成功しました。

警察はそれぞれのタクシーを陸運局に照会し、

運転手の身元を確認しています。

【ジャーナル】

もしタクシー運転手が同じような行動をとったら、

速攻で逃げたほうがいいかもしれませんね。

特に陸橋の上やトンネルなどで、

不自然に停車したら要注意です。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。