スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入管が違法外国人73人を一網打尽、マカティのオフィスビルで


マニラ首都圏にあるオフィスで、

違法就労していた外国人たちが摘発で逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


水曜日朝にマカティ市のパセオデロハス通りにある、

「Super & Ventures」ビルディングで、

違法のオンライン賭博に従事していた、

73人の外国人が逮捕されました。

逮捕されたのは韓国、アメリカ、台湾、マレーシア、

オーストラリア、シンガポールなどの国籍を持つ外国人たちで、

タギッグ市ビクタンにある入管刑務所に収監されました。

外国人たちは就労許可を持っておらず、

違法に働いていた疑いが持たれています。

入管は違法滞在の外国人に関する情報に報奨金を出しており、

今回の摘発は情報提供者の通報を元に、

数週間の調査が行われ摘発に踏み切りました。

摘発されたオフィスはコールセンターを装っており、

数百台のコンピュータが押収されました。

逮捕された外国人は観光ビザで入国しており、

ほとんどがオーバーステイだったそうです。

【テンポ】

ビジネス街のど真ん中で堂々と違法賭博とは、

木を隠すなら森の中といった感じでしょうか。

外国人がたくさんいるので、

マカティのほうが目立たず働けたのでしょうね。

もしかしたら内部事情を知っている、

比人従業員が密告したのかもしれません。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

フィリピンの劇場型詐欺、その巧妙な手口


マニラ首都圏で看護師が、

劇場型詐欺の被害に遭い大金を失いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


被害に遭ったのはマリキナ市に住む55歳の女性で、

午前10時ごろに、

近所のスーパーマーケットに向かっていたところ、

ひとりの男に呼び止められ、

アルカリイオン水の会社を知らないか訪ねてきたそうです。

女性に対し男は自分の父親が、

ボニファシオグローバルシティにあるセントルークス病院に入院しており、

アルカリイオン水が必要だと説明。

するとその会話に2人の男と3人の女が加わってきて、

自分たちのビジネスに参加しないか誘われ、

女性は「倍額になる」との話を信じ、

銀行で30万ペソを引き出しました。

そして銀行から容疑者たちの車に乗って、

ガソリンスタンドに停車したところで、

女性は近くのファーストフード店で待つように言われ、

車から降りる前に鍵がかけられたカバンを渡されたそうです。

その後、女性は2時間ほど待ちましたが、

誰も戻ってこなかったことから、

カバンを開けて確認したところ、

中身がただの紙切れだったことが分かりました。

女性は警察に被害届けを出し、

警察資料の中から容疑者の1人が、

リサール州カインタに住む42歳の男であることが分かりました。

【ジャーナル】

フィリピンではこういった詐欺を「ブドルブドル・ギャング」と呼びます。

あの手この手で被害者に架空の投資話などを信じさせ、

金品などを奪う詐欺の手口です。

それしても短時間でよく騙せるものですね。

まるで催眠術のようです。

【ジャーナル】

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

フィリピンで同胞が誘拐されまくっているニダ!


フィリピンで韓国人をターゲットにした、

誘拐事件が多発しているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


マニラ首都圏で誘拐された4人の韓国人が、

月曜日に解放されていたことが分かりました。

4人は35歳の男性を始めとする家族と見られ、

解放の4日前にサンファンで誘拐され、

犯人から2億ウォン(約2200万円)の身代金の要求があったそうです。

交渉と身代金の引き渡しが行われ、

その後、マニラ首都圏の近郊で、

解放されているのが発見されました。

一方、ミンダナオ島でも今月に入り2件の誘拐事件が起きています。

サンボアンガ・シブガイ州で、

土曜日の午後9時30分ごろ、

自宅にいた73歳の韓国人ビジネスマンが、
http://internet.blogmura.com/facebook/

イスラム過激派アブサヤフとみられる5人組に、

誘拐される事件がありました。

さらに木曜日にも南ラナオ州で、

鉱山企業に務める韓国人男性が誘拐されています。

男性はクライアントへの営業のために、

マラウィ市に向かう途中で、

銃で武装した3人組の男に拉致されました。

男性には1人の警官の護衛が一緒でしたが、

手錠を掛けられ抵抗できませんでした。

警察は外国人をターゲットに誘拐を繰り返している、

犯罪グループの犯行との見方を示しています。

フィリピンでは昨年に10人の韓国人が殺害され、

3件の誘拐事件がありました。

Four S. Koreans freed after kidnapping in Philippines

Korean kidnapped in Zamboanga Sibugay

South Korean kidnapped in Lanao del Sur


【abs-cbn、フィルスター】

1月ですでに昨年と同じ、

3件の誘拐事件が発生してます。

多くの韓国人がフィリピンで犯罪の犠牲となるのは、

人数が多いというほかにも、

何か別の理由があるのかもしれませんね。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
NEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。